児童福祉司一貫田逸子もっと幸せな人生を歩むために勉強したほうが良いです。

今の生活に満足しているなら問題ないですけど、もしも満足していないとしても考え方を変えていった方が良いです。別に虐待されている人がいるからそれと比べて自分が幸せだよとか言うつもりはないんです。でも今こうやってこの文章を読んでいる時点で普通のレベルの生活ができるわけです。世界には暖かい場所で寝床がないとか、食べ物がないとか、日本で言う普通のレベルの暮らしも危うい人が多いんですね。だからというわけじゃいですけど、今ある幸せな事に目を向ける必要があると思うんです。というかだいぶ幸せだということに気が付かないといけないんですよね。
児童福祉司一貫田逸子

TAVUSワールドで色々な俺得修学旅行などの情報を公開しちゃいます!

このサイトは色々な情報を配信しているサイトです。管理人の趣味で適当にジャンルを問わずに思ったことを書いているんですけど、内容がとっちらかっているのでだいぶ読みずらいかもしれないですね、でも趣味の延長みたいなものなので、自分が後から見直して見れたら良いなくらいにしか考えてないですね、でも友達とかできたら良いですけど、でもまあそこまで望んではいないですけどね。書き込みとかしてくれると嬉しいし、そうすると管理人は飛び跳ねて喜びますw
俺得修学旅行って漫画があるんですけど、これがめっちゃ面白いからオススメなんですよね、このブログに参加する資格としてこの漫画を必読にしても良い位の傑作なんですね。マジで読んでおいて損はないのでマジで必読です^^

俺得修学旅行

俺得修学旅行の本当の目的ってなんだろうか?

自分が女子高の修学旅行ににもし潜入できるとしたら、どんなことをやるかを考えてみました。多分それが一番この主人公が考えることがわかると思うからです。この主人公はお姉ちゃんに頼まれて女子高の修学旅行に参加することになるんですけど、やっぱり女子高の修学旅行に潜入できるなんてことはめったにないと思うのでかなりテンションは上がるわけですね。でもそんなテンション上がったからといってみんなにばれちゃいけないわけで難しい立場にいるわけなんですね。でもめっちゃ楽しいだろうからテンションが上がり過ぎないように調整しないとですよね。しかも絶対に接触しない方が良い人とかいるみたいなのでそれも守らないとです。

俺得修学旅行

カスガ新の新作漫画「はだかんぼ教育」がアホすぎてヤバイ!

カスガ新の新作漫画がついに登場しました!

カスガ氏のファンの方には待望の新作で飛び上がって嬉しがっている方もいると思います。

今回のはだかんぼ教育という漫画は見どころが満載です!

現在2話しか発表されてないですが、他の漫画とは一線を画す内容になっています。

まず学校で裸で過ごさないといけないという

このコンセプトは今までになかった内容です。

そもそも公衆の面前でみんな裸で過ごすという

原始時代に戻ったような設定の漫画は見たことがないです。

しかも裸だから開放的になるのかアホみたいな遊びもどんどんやっちゃいます!

今後の展開がどうなるかはわかりませんが、

まず最初に出てくる遊びはおしっこ飛ばしゲームw

なんでおしっこ飛ばそうと思ったのかw

自分も小さい頃にそんなゲームをやっていた気がします。

公衆トイレなどにある、丸い消臭剤をおしっこで狙い撃ちしたり、

雪をおしっこで溶かしたり、そんな子供しかやらない遊びの記憶を呼び起こしてくれる素敵な漫画です。

男ならわかると思いますが、おしっこで何かを狙うという事はついついやっちゃうことですよねw

たぶん作者のカスガ氏も小さい頃にそんなことをやっていたのをふと思い出したのでしょう(予想)

保護者失格の叔父さんの気持ちがわかっちゃった!

保護者失格。一線を越えた夜の漫画を読んだ事がありますか?まだ読んでいないならいますぐ読んだ方が良いです!その位めちゃくちゃハマってしまう面白い漫画です。

主人公のちづるは叔父さんの事を好きになってしまうんですけど、叔父さんは12歳からちづるの事を知っているし一緒におふろにも入るような親子のような間柄だった。

でもちづるが大きくなるにつれてちづるが自分の事を好きになっていくのに気が付かないわけではなかった。しかしちづるの事が嫌いなわけでもないし、ただ特別な感情があるかといえば子供のころから知っているちづるは子供のような存在だった。

そんなちづるがいきなりキスをしてきて、カワイイとは思うけれどそれ以上に思う事はない、ただ自分も男だし、20歳の綺麗な女性の裸を見れば興奮するのは仕方ない、そうしてエッチをしてしまったという感じな気がしますね。

最後まで読んでないからどうなるのかわかんないですけど上手くことが進めば良いなと思いますね。

保護者失格

サブコンテンツ

このページの先頭へ